茨城県立小瀬高等学校
    Ose High School
 
茨城県立小瀬高等学校
〒319-2401 茨城県常陸大宮市上小瀬1881
TEL: 0295-56-2204
FAX: 0295-56-3804
茨城県立小瀬高等学校インターネット委員会
E-mail: koho@ose-h.ibk.ed.jp
 
 
 
学校からのお知らせ
新型コロナ関連小瀬高ニュース
平成29年度
卒業式国語科特別授業海外向けパンフレット県北地域協働プロジェクト進路ガイダンスHappy Valentine's Day!小学校で読み聞かせものづくり一日体験シティプロモーション共同宿泊学習善行高校生表彰落語講座思春期講座(3年)New Year's resolution施設実習報告会ビジネスマナー講座連携中学校で選挙戦ハッピーメリークリスマスCooking in English食生活スキルアップ授業幼稚園で読み聞かせMessage from Hana法教育講座コミュニケーションUP講座③本校初 裁判傍聴ゴルフ学習のメディア報道3年生遠足修学旅行キャンパス見学連携中で弁論披露小瀬高流ゴルフ学習3年連携中で福祉体験小瀬高流ゴルフ学習1年読み聞かせ講座新路線バス「愛称発表式」租税教室防災避難訓練ALTからThanksgiving Dayを学ぶ学校公開スポット的授業第1学年思春期講座マナーアップキャンペーン体育祭図書館でハロウィンインターンシップ認知症サポーター養成講座ハローミュージアム原付バイク安全運転教室PTA研修県議会傍聴「道徳」「道徳プラス」公開福祉コース施設実習開始太田特別支援学校体育祭パラオ研修生との交流JICA訪問交通安全街頭キャンペーン茶道教室茨城大学起業セミナーシルバーリハビリ体操「走り」講座小学校出前講座ふれあいキャンパス新路線バス『走り』講座キャリア講演会休業明け集会部活動夏の陣小瀬キッズ第2弾追憶上映会薬物乱用防止教室小瀬キッズ&ジュニアイノベーションキャンパスチェーンソー・刈払機安全講習中学生体験入学「ひよっこ」女優 松本穂香さん来校茨城大 出前授業学びの広場サポートプランJRC部ボランティア総文祭壮行会ふれあい花壇救命講習会誕生学講話高校野球1回戦野球部壮行会県教育長視察コミュニケーションUP講座ハローワーク見学地域課題の総合的探求講座県教育長・市長訪問地域協働本部藤島部屋見学春季弁論大会市議会意見交換会全国高等学校弁論大会デュアルシステム調印式入学式始業式
平成30年度令和元年度令和2年度令和3年度
学校だより中高一貫だより防災関係教育相談室より








中高一貫教育連携校
常陸大宮市立明峰中学校
 
ホーム > 学校からのお知らせ> 小瀬高ニュース> 平成29年度> 連携中で福祉体験 

連携中学校の福祉体験サポート

 
 













 

 本校の福祉コースの3年生が連携中(明峰中・御前山中)で福祉体験のサポートをしてきました。


 11月30日(木曜日)と12月12日(火曜日)に,連携型中高一貫教育のスポット的授業として,小瀬高校の福祉コース3年生6名が,連携中である明峰中学校(11/30)と御前山中学校(12/12)を訪れ,福祉体験学習のサポートをしてきました。

 小瀬高校の福祉コースでは,県内初の福祉デュアルシステムを導入しており,「学びながら働く」ことで介護や福祉に必要な知識について身につけることができます。また,介護職員初任者研修修了の認定を受けことができ,福祉施設への就職や福祉系の上級学校への進学も可能です。本校や連携中学校が位置する県北地域は高齢化が進んでおり,介護施設などが多く存在していますが,働く若者は慢性的に不足しています。そこで,福祉コースの6名の生徒は,これまでに学んだ知識や技術を生かすとともに,高齢者や障害を持った方々を支える人となってほしいという願いも込めて連携中の生徒のサポートをしてきました。

 連携中では,介護などの福祉の内容について説明をした後,車椅子体験と疑似老人体験,起き上がり介助の体験をサポートしました。車椅子体験では,乗っている生徒が思わず「怖い」と声を上げたので,乗せている人への配慮がないと不安感や恐怖感を与えてしまうことを伝えました。また,疑似老人体験では,高齢者の方いかに視野が狭く身体を動かしにくいかを伝え,実際に体験できるよう補助具の付け方を教えました。起き上がり介助の体験ではデモンストレーションを行い,コツさえつかめばスムーズに起き上がりができることを伝えました。

 参加した中学生からは,「今回の体験で身体が不自由な人の大変さが分かりました。一人でも多くの人に手をさしのべたいと思います。」(明峰中)「簡単に操作できそうに思えた車椅子。でも,自分で乗ってみるととても怖く感じました。利用する方を思いやり,怖さを感じさせないよう丁寧に操作しないといけないのだと分かりました。」(御前山中)などの感想を述べていました。また,サポートした手塚さんは,「学ぶ立場から教える立場に変わってとても大変でしたが,中学生がきちんと聞いてくれたのでよかったです。」と感想を述べてくれました。また,田所さんは,「自分で分かっているつもりで説明してしまったが,分かりやすく説明することの難しさを感じました。」と反省していました。小森さんは,「中学生がリラックスして話が聞けるように,小瀬高校で福祉を学びたいと思ってもらえるように楽しい雰囲気づくに心掛けました。」と話してくれました。


 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項

(c) 2015 茨城県立小瀬高等学校 All Rights Reserved.